« 続『裂き織り』体験 | トップページ | 今年も出場します! »

2008年9月12日 (金)

続々『裂き織り』体験

いよいよ最終回となった『裂き織り』体験ですが、先生が最後に教室の裏にある工房に案内してくれましたup

以前はこの場所が教室になっていたのですが、今は作品の展示スペースになっていましたflair

色々な作品が並んでましたが、二つとして同じ作品が出来上がらないのが『裂き織り』の魅力だと強く感じましたconfident

その中でも特に印象が強く残った作品が…。

こちらsign03

様々な手ぬぐいを縫い集めて一枚の風呂敷にした作品shine

『年代物』の手ぬぐいがたくさんありましたnotes

今回の体験取材を通して感じたことは、『裂き織り』は物を大事にするという考えから生まれた『究極のエコ』ではないかということですgood

古くなった物をリサイクルするということは、資源を大切にするということだけでなく、以前に使っていた人達の思い出も残し、そして新しい物に変えることができるなんて、とても素晴らしいですよねhappy02

皆さんも押入れやタンスに眠っている服や布で『究極のエコ』を体験してみてはいかがでしょうかhappy01

|

« 続『裂き織り』体験 | トップページ | 今年も出場します! »

メンバー単独取材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続『裂き織り』体験 | トップページ | 今年も出場します! »